まがた保育園保育内容年間行事トピックス
お知らせトップへ
当法人のその他の保育園
○東方(ひがしかた)保育園
○細野(ほその)保育園
○幼保連携型
 認定こども園みまつ
○永久津(ながくつ)保育園
保育内容
 
休園日 日曜祝祭日
開所時間 7:00〜18:00
(短時間保育認定の場合 8:00〜16:00)
乳児保育 産休明けより預かります(乳児専門保育士が担当します)
延長保育 保育時間 18:00〜19:00
通常利用(一ヶ月あたり 0歳〜6歳未満 1,000円)
おやつ代を含む(8:00前利用、16:00以降利用)

※保育短時間利用者が時間外保育を利用される場合は必ず、時間外保育確認簿に登園時間や降園時間を保護者自身で記入し、当番職員のサインをもらってください。園庭大型遊具の時計と、テラスや玄関に置く時計(電波時計)が基準となります。保育標準時間認定利用者が利用される場合は、現行通りの対応をすることでご了承ください。
※お支払い方法については、別途、お知らせします。
休日保育 利用料金は一時預りと同額・弁当持参 (在園児のみ、祝祭日で受け入れ可能な日に限ります。定員有り)
一時預り 保育時間 9:00〜16:00
※保護者負担料金(一回あたり)
※乳児 1日 2,500円
※1・2歳児 1日 2,000円
※3歳児 1日 1,500円
※4・5歳児 1日 1,000円
※食事・おやつ代を含む
初めて利用される方は予め来園していただき、お子様の様子をお聞かせいただきます。
行事等でお預かりできない場合がありますので、前もってご予約下さい。
障がい児保育 いつでもご相談下さい
入所定員 70名
受入年齢 生後58日より満6歳まで
職員構成 園長、主任保育士、保育士(乳児専門保育士を含む)、
栄養士、調理師、臨時職員、非常勤職員
嘱託医 内科・小児科 槙内視鏡内科病院
歯科 押川歯科医院
保育料 各世帯の住民税に応じて、小林市で定められています。
<問合せ先>
小林市子育て支援課
TEL:0984-23-1278
給食 3歳未満児は完全給食・午前と午後のおやつ、3歳以上児は副食給食(ご飯持参)・午後おやつ有
※給食献立表を毎月配布します。アレルギー対応食可
※除食対応の場合は医師の診断書が必要です。
地域子育て
支援
育児相談
来園されての相談・電話での育児相談を行っております。
育児講座
保育園単独で、また法人内の6つの保育園と幼稚園共催で講師を招いて、育児に関する諸問題についての両親学級を実施しています。
時間 10:00 〜11:30
情報提供
園だよりを発行して、園の活動内容や子育て支援に関する情報を提供しています。
[毎月1回]
地域の伝統芸能「兵児踊(へこおどり)」の継承活動
保存会の方々に教えていただき、運動会や地域の諸行事及び老人福祉施設等で披露し、地域に根づく「兵児踊(へこおどり)」の継承活動に努めています。
老人福祉施設訪問・地区高齢者との交流
施設に入所されている老人や地区の老人と交流することにより、自分に優しくされる反面、他人に対する思いやりや優しさの気持ちが育っています。
中学生職場体験学習・高校生インターンシップ・ボランティアとの交流
一人一人の個性を尊重し全面受容します。
写真 写真 写真
毎日生き生きと楽しく過ごすために、子どもの遊びを大事にし、さまざまな生活体験を通して、何事にも意欲的に取り組めるように保育環境を工夫します。
思いやり、優しさが育つように異年齢の子どもたち同士の関わりを大切に考えています。
動植物とのふれあいを大事にしながら、命の尊さを知り、思いやりを育てます。
お年寄りや地域の方々と交流することにより、色々なことを学んだり、思いやりや優しさが育つようにしています。
保護者や地域の方々と連携を取りながら、子育てをサポートします。
まがた保育園のこだわり
子どもも大人もみんな同じいのち・・・みんなちがってみんないい
写真
 私たちは『まことの保育』の“いのちを大切にする”“一人一人を大切にする”という指針を実現すべく“子どもと大人がともに育ちあう”という理念で、人間として生きる力「自分で考え、自分で決め、友達と協力し創造していける力」を培っていける環境を基本に考えています。そして、形や結果ではなく、プロセスをどれだけ充実して楽しんでいるか、子どもたちの目の輝きと心の躍動が失われないように保育することが大切だと考えています。
わらべうたあそびたのしいよ
写真
 遊びや親子のふれあいの中で昔から歌い継がれてきたわらべうた。保育士のやさしい肉声で、鼓動と日本的なメロディー・リズム・テンポ・曲想を感じながら心に響くぬくもりのあるわらべうた。膝の上での遊ばせ歌から、動作が加わり協力しての遊びまで年齢にあった遊び方を楽しみます。子どもたちの遊びの中に、自然にわらべうたが入り込んでいます。肌と肌のふれあい、子ども同士・子どもと大人の自然なふれあい遊びを楽しむ中で心のつながりもしっかりして情緒も安定するなど様々な育ちがあります。
どろんこあそび、きもちいいなあ
写真
 水遊びと同じくぬれたり、汚れたりすることで子どもたちは禁止や抑圧から解放された喜びを感じ、のびのびと遊びます。特別な技術を必要とせず、作品として評価されることもなく禁止もされないわけですから、ただひたすら汚れることを気にすることなく自分たちの遊びの世界を満喫しています。自分の内にあるものを外に吐き出すことにより、自然に子どもたちの心に良い変化が芽生えてきます。カタルシス効果(浄化作用)があるともいわれています。終わった後の子どもたちの表情はとても穏やかです。
copyright © 2006 Magata nursery school All rights reserved.